BBクリームとコントロールカラー、どちらを先に塗る?混ぜてもOK?

 

いつものメイクも良いけれど、特別な日や気分を変えたいときに使うと良いのがコントロールカラー。透明感のアルナチュラルメイクをつくることができるので、BBクリームと一緒に使えば面倒な重ね塗りも簡単にできます。コントロールカラーとBBクリームの特長を活かし、いつもとは違うワンランク上のナチュラルメイクを目指しましょう。

 

そもそもコントロールカラーって?

 

肌の気になる赤みやくすみをカバーすることができ、また、肌の明るさをワントーンアップさせたりすることができます。また、カラーも豊富で、肌の色みに近いピンクはもちろん、イエローやグリーンオレンジ、パープルなど、さまざまな種類があります。顔の凹凸を立体的に演出したり、肌の透明感などを引き出したいときにオススメのコスメです。

 

コンシーラーとの違いは?

コンシーラーは、ニキビや顔の赤みなど、部分的に隠したいときにピンポイントで使用します。それと違ってコントロールカラーは、目元や頬、Tゾーンなど、強調させたい部分や隠したい部分に局所的に使用します。コンシーラーよりも広い範囲での使用に適しているので、頬の赤みの調整やあごの輪郭のぼかしなどを補正することができます。また、コンシーラーは1色のみですが、コントロールカラーはさまざまな色があるため、より立体的な仕上がりにすることができます。

 

BBクリームとコントロールカラーを使うときの順番は?

 

より自然な仕上がりにするために、コントロールカラーを使用してからBBクリームを使うようにしましょう。こうすることで、コントロールカラーが化粧下地のはたらきをしてくれ、きれいなナチュラルメイクに仕上げてくれます。より立体的にしたい場合には、強調させたい部分と自然になじませていきたい部分とに分け、コントロールカラーの濃度の強弱をつけることで、より立体的な仕上がりとなります。上級者のテクニックですので、初めての方には難しいかもしれませんが、毎日使う上で慣れていくと良いでしょう。ただし、コントロールカラーも塗りすぎてしまうと厚塗り感が出てきてしまうため、そのさじ加減も重要となります。

 

BBクリームとコントロールカラーは混ぜてもOK?

 

BBクリームとコントロールカラーを混ぜて使用しても問題はありません。ただ、手の甲などに少量ずつ混ぜ、色合いを確かめながら使うと良いでしょう。また、部分的に使用することで、より立体的で自然な仕上がりになります。
混ぜて使用する際には、テクスチャーが同程度のものを使用するようにしましょう。粘度や濃度などに違いがあると混ざりにくく、伸びも悪くなりがちです。仕上げにも、細かな部分での修正や補正が必要になってしまうこともありますので注意が必要です。
最も注意していただきたいのは、混ぜて使用する際にあまり立体的な仕上がりにはなりにくいということを理解しておくことです。コントロールカラーは局所的な使用のためのものなので、立体的なメイクにするためには、BBクリームとコントロールカラーを混ぜずに使用するほうが良いでしょう。

 

コントロールカラーを使用するメリットとは?

 

コントロールカラーのはたらきとは、自然な発色を利用して、ナチュラルメイクを仕上げるということです。目元のクマやくすみなどは、ファンデーションやコンシーラーでカバーしようとすると、どうしても厚塗りしてしまい、ナチュラルな仕上がりとは程遠いものとなってしまいがちです。そういったときに、イエローやオレンジのコントロールカラーを使用することで、自然な明るい肌色を演出してくれ、ナチュラルメイクができます。
また、鼻を高く見せたい、顔の陰影を演出したいという場合には、ホワイトのコントロールカラーを使用しましょう。グリーンやピンクは、肌の明るさをワントーン明るくしたいときやくすみが気になる場合などに適しています。気になる部分に薄く伸ばして使用すると自然に仕上がります。

 

コントロールカラーの色の選び方とポイント

 

コントロールカラーにはさまざまな色がありますが、それぞれの特徴をご紹介していきます。

 

ホワイト

顔の陰影の強調や鼻を高く見せたいときなどに使用します。顔全体を立体的に演出する効果が期待できます。

イエロー

目元のくすみやクマを隠したいときに使用すると、肌を明るくしてくれるだけでなく、透明感のアル仕上がりにしてくれます。

 

ピンク

チークの代わりとしても使用でき、また、頬に薄く伸ばすことで自然な血色の良い肌に演出してくれます。

 

グリーン

気になる赤みを抑え、自然な肌色を演出してくれるはたらきがあります。シミやニキビなどなどの気になる部分に薄く伸ばして使うことで、厚塗り感のない自然な肌へと演出してくれます。

 

オレンジ

目元の気になるクマやくすみを隠し、健康的な肌色に仕上げてくれます。

 

ブルー

お肌の透明感を演出したいときに適した色で、シックなメイクを演出したいときに使用すると良いでしょう。落ち着いた雰囲気を引き立たせるメイクに仕上がります。

 

パープル

ブルーよりも肌なじみがよく、効果としてはオレンジやピンクと同じような効果が期待できますが、それらよりもより華やいだ印象の透明感のある肌へと演出してくれます。

 

コントロールカラー使用時のポイント

 

コントロールカラーにもリキッドタイプやスティックタイプなどがありますが、どのタイプにも共通し太ポイントがあります。それは、厚塗りにならないようにブラシでぼかしながら、肌なじみを良くすることです。そうすることでナチュラルメイクをよりきれいに演出することができます。
では、それぞれのタイプ別にポイントを見ていきましょう。

 

リキッドタイプ

化粧下地などと同様に、必要な量を手のひらにのせ、指の腹につけながら、気になる部分にポンポンとおくようにのせていきます。その後、肌のなじませるように均等にのばしていき、その後ファンデーション用のブラシを用いて、顔の中心から外側に向かってグラデーションをつけながら顔全体に伸ばしていきます。仕上げにティッシュやコットンなどで落ち着かせ、BBクリームを使用するようにしましょう。

 

スティックタイプ

気になる部分に直接のせていきます。ただし、滑らせるようにすると厚塗り感が出てしまうため、やはりポンポンと置くような感じで肌にのせ、その後指の腹で伸ばしていきます。こすったりしてしまうと肌への摩擦刺激となってしまうので、優しく伸ばすようなイメージでなじませ、ティッシュやコットンで落ち着かせましょう。

 

さいごに

 

コントロールカラーを試してみたいとは思っていても、上級者のテクニックが必要と思い、なかなか手が出せないでいる肩もいると思います。しかし、その特徴や使い方のポイントさえしっかりおさえていれば、怖いものはありません。また、BBクリームと組み合わせることで、より簡単にナチュラルメイクをつくることができます。慣れるまでは難しい部分もあると思いますが、使ってみなければ分からない良さもありますので、肌の悩みを解決してくれるコントロールカラーを積極的に取り入れていきましょう。