BBクリームでムラが・・・!ムラにならない塗り方とは?

 

BBクリームは肌のくすみや気になるシワを隠してくれる万能コスメですが、上手く塗らないとすぐにムラができてしまい、なかなか肌になじんでくれません。BBクリームのムラの原因やムラにならない塗り方をご紹介します。

 

BBクリームのムラの原因は?

 

BBクリームは化粧下地だけではなく、日焼け止めやコンシーラーなどのはたらきも持っているため、ムラになりやすいという特徴があります。特に、時間の経過とともにリキッド状からパウダー状に変化していく商品もあるため、ムラなくきれいに塗るにはコツが必要です。

 

BBクリームの量が重要

化粧下地としても使えるBBクリームですが、通常の化粧下地のように多めにつけてしまうと、厚塗りのところと薄塗りのところができてしまい、それがムラになる原因となります。BBクリームはリキッドタイプのファンデーションと同様のはたらきも持っていますので、全体的に薄く伸ばしていくようなイメージで塗るとムラになりにくいでしょう。

 

肌の乾燥は伸びの悪さの原因に

お肌の乾燥は、いくらファンデーションや化粧下地でもカバーするのは難しいでしょう。特に、BBクリームは、ファンデーションとしてのはたらきも持っており、肌に伸びにくい特徴があり、さらにお肌が乾燥しているとより伸びにくくなってしまいます。BBクリームを塗る前に、化粧水や乳液などを使用し、お肌にうるおいを与えてからBBクリームを塗ると良いでしょう。

 

スキンケアを入念に

お肌が乾燥していると、BBクリームの伸びが悪くなったり、塗りムラができてしまうのはもちろんですが、ニキビやシワなどの肌トラブルを引き起こしてしまうこともあります。肌自身にたっぷりの潤いを与えるためにも、化粧水や乳液で入念に保湿をしてあげましょう。また、より乾燥が気になる場合にはパックをオススメします。パックでたっぷりの水分をお肌に与え、その後クリームなどを用いてうるおいを逃がさないようにしましょう。

 

時間の経過とともにムラが目立ってくる原因は?

 

BBクリームを塗った直後はきれいに塗れていたとしても、時間がたつと塗りムラが目立ってくるということ、ありますよね。そういった場合の原因としては、BBクリームの量が多かったことが考えられます。塗った直後はきれいであっても、時間がたつとヨレてきてしまい、それがムラの原因となります。何度か量を調整しつつ、ヨレない量を覚えることで塗りムラを防ぐことができます。

 

指で塗ると線が入ってしまう・・・原因は?

 

手や指でBBクリームを塗っていると、塗ったところに指紋や指のシワの線が入ってしまうことがあります。そういった場合には、塗る量を少なくすることで対応可能です。少量ずつを手に取り、お肌になじませるようにして顔全体に伸ばしていくことで、塗りムラやヨレを防ぎつつ、均等に塗ることができます。

 

粉っぽい塗りムラの原因は?

 

粉っぽくなってしまう塗りムラは、BBクリームの量が多すぎることが原因です。粉っぽくなってしまっているところに多くBBクリームが塗られてしまっているため、その部分だけが乾燥し、粉っぽくなってしまっているのです。商品によっても違いはありますが、1回分の目安の量が記載されている商品もありますし、一般的にはパール1個分などが目安として知られていますので、それを元に自分だけの量を見つけていきましょう。

 

BBクリームの塗り方のポイント

 

1本で化粧下地からファンデーション、UV対策、コンシーラーなど、さまざまなはたらきを持っているのがBBクリームです。万能コスメだからこそ、きれいに仕上げたいですよね。ここでは、BBクリームの塗り方のポイントをご紹介していきます。

 

パフを使って塗るときのポイント

パフやスポンジを使用すると、スポンジやパフにしみこんでしまうため、BBクリームの量は通常よりも多くなります。しかし、一度の多くの量をつけてしまうと塗りムラになりやすいため、おでこや頬、あごなど、部分的に少しずつ塗っていき、顔全体に伸ばすようにしていくと塗りムラを防ぐことができます。また、小鼻や目元などは、優しくスポンジで押すようにたたくことでなじみやすくなり、汗などでの化粧崩れを防ぎます。最後に、顔全体にスポンジでなじませることで、余分なBBクリームを取り、塗りムラができにくくなります。

 

指での塗り方のポイント

指でBBクリームを塗り時には、指先だけではなく、指の腹全体で肌になじませるように塗っていくことで、塗りムラのないきれいな仕上がりとなります。また、小鼻や目元などの細かい部分では、指の腹でポンポンとたたくようにしていくことで肌になじみやすくなるのでオススメです。ただし、指の腹でクルクルと円を描くようにして塗ることは、塗りムラを招く原因となりますのでオススメできません。

 

BBクリームの後はパウダーで仕上げ

 

BBクリームは、それだけで化粧下地やファンデーションのはたらきを持っていますが、そのままではやはり肌の凹凸が目立ってしまう場合もあります。また、化粧崩れなどを起こしやすくなるため、パウダーで仕上げましょう。パフにパウダーをたっぷり取り、肌に滑らせるようにしてのせていきます。目元や小鼻周りなどは余分なパウダーが残りやすくなってしまうため、ブラシなどを用いて取り除くと良いでしょう。

 

塗り直し時の塗りムラを防ぐポイント

 

化粧直しの時には、化粧崩れはもちろんですが、塗りムラもしっかりと防ぎたいところ。このときのポイントとしては、しっかりと皮脂や汗を取り除いてあげるということです。また、顔全体を塗り直すのではなく、足りない部分にBBクリームを足していくようにすることで、厚塗り感のないナチュラルメイクに仕上げることができます。このとき、指の腹やスポンジでポンポンとのせるようにして塗っていきましょう。

 

さいごに

BBクリームは1本で何通りものはたらきを担ってくれる万能コスメの代表格です。毎日使いたくなるような手軽なコスメだからこそ、仕上げにパウダーをすることで、普段使いから特別な日でも使えることができます。メイク直しにも適したコスメなので、その特徴を知り、より使いこなすことで、毎日のメイクを楽しく手軽なものにしてくれるでしょう。